アイレーシックについてのサイト

アイレーシックってどんなレーシックなの?


アイレーシックは、一部の人たちの間でeyeレーシックと勘違いされていますが、正しくはIレーシックになります。アイレーシックのアイは英語のIです。つまり私のためのレーシックという意味になります。現在、アイレーシックは実に多くのレーシック医院で取り入れられています。その理由は、術後の見え方がとてもよく、合併症のリスクも少ない、極めて安全性の高いレーシック手術だからです。

アイレーシックは合併症になりにくい


アイレーシックはレーシックにありがちな合併症が少ないと言われています。その理由は、一人ひとりの目の状態に合わせてオーダーメイドで施術を行うからです。高機能なコンピュータで角膜の厚みをミクロン単位で解析し、目への負担を最小限に抑えた施術を行うことができるのです。そのため、レーシック後によく発症すると言われているドライアイやハログレア現象などの合併症になりにくちのが特徴です。しかも術後はとてもクリアに見えるので、施術を受けた方の満足度はとても高いのです。

アイレーシックはなぜ高い?


アイレーシックを真剣に検討している方のほとんどは、なんでこんなに施術費用が高いの?と思われている方も決して少なくないと思います。アイレーシックが高い理由は、ライセンス費用にあります。クリニックで「アイレーシック」という術式を名のるためには、開発元のアボット社に高額なライセンス費用を払わなければいけないのです。その金額は両眼の施術を行った場合で74000円になります。つまり、クリニックとしては、このライセンス料を踏まえて、値段設定をしなければいけないので、どうしても高くなってしまうのです。

アイレーシックを受ける前に


アイレーシックは人気がある術式だから、この術式なら100%損をすることはないだろう、と安易に考えてはいけません。確かにアイレーシックは、安全性の高いハイクオリティーな術式ですが、メリットもあればデメリットもあります。アイレーシックをこれから受けたいと考えている方は、メリットとデメリットをよく理解した上で、他の術式と比較検討をすべきです。

※アイレーシックについてもっと詳しく知りたい方はアイレーシックまるわかりを参照下さい。